こんなシステムエンジニアは嫌だ!

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)

 東北楽天イーグルス前監督の野村克也氏が24日、自民党大会でゲストとして講演し、「私は『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』と言い続けてきた。勝っては反省はあまりしない。そこに落とし穴があったのではないか」と述べて、長期政権にあぐらをかいてきたことが自民党の「敗因」と解説した。

 そのうえで「恐らくみなさんは(プロ野球の)巨人の心境だったと思うが、上に立てば必ず足を引っ張りにくる人たちがいる。気を引き締めて捲土(けんど)重来、頑張ってください」とエールを送り、会場から盛んな拍手を浴びていた。【木下訓明】

芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
「学校選択制」反対相次ぎ、試行先送り 横浜市(産経新聞)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
MDMA1万4000錠所持=容疑で密売のコロンビア人逮捕−末端価格1億円(時事通信)
陸山会 小沢氏団体から13億円 04〜05年不記載(毎日新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-30 17:39

首相動静(1月26日)(時事通信)

 午前5時55分、松野頼久官房副長官が公邸に入った。同6時5分、松井孝治官房副長官が加わった。同7時18分、平野博文官房長官が加わった。
 午前8時34分、平野氏が出た。同39分、松野氏が出た。同42分、松井氏が出た。同44分、公邸発。「平野博文官房長官が名護市長選の結果を斟酌しなければならない理由はないと発言し、稲嶺氏らが不快感を示しているが」に「検討委員会でしっかりとゼロベースで普天間の移設先を決めていくことに変わりはない」。同45分、国会着。同47分、参院第1委員会室へ。同52分、参院予算委員会開会。
 午前11時53分、参院予算委休憩。同54分、参院第1委員会室を出て、同57分、国会発。同58分、官邸着。午後0時、執務室へ。
 午後0時7分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時32分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同57分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時54分、参院予算委散会。同57分、参院第1委員会室を出て、同59分から同5時まで、院内大臣室前で櫛渕万里民主党衆院議員ら。同1分、院内大臣室へ。同5分、閣議開始。
 午後6時19分、閣議終了。
 午後6時22分から同31分まで、地球温暖化問題に関する閣僚委員会。同34分、院内大臣室を出て、同35分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午後6時53分から同55分まで、平野官房長官。同56分から同7時19分まで、岡田克也外相、河相周夫官房副長官補、外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長、杉山晋輔地球規模課題審議官。
 午後7時37分、執務室を出て大ホールへ。同38分から同45分まで、報道各社のインタビュー。「オバマ大統領が発表した金融規制案を受けて株安、円高が続いているが」に「しばらく様子を見ることが正しいと思っており、今すぐに何らかの対策を講じるつもりはない」。同46分、大ホールを出て、同47分、官邸発。同54分、東京・内幸町の日本プレスセンタービル着。民放解説研究会の新年会に出席。
 午後8時21分、同所発。同25分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜

ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
「たたかれて政治家成長」中曽根氏、首相を激励(読売新聞)
地下鉄線路内に男性遺体 千日前線・鶴橋駅(産経新聞)
衆院代表質問における主なやりとり 鳩山首相、元秘書起訴「決着した」(産経新聞)
<日本ペンクラブ>書籍デジタル化で意見書 NY連邦地裁に(毎日新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-29 09:45

補正予算案の25日採決で合意 衆院予算委(産経新聞)

 衆院予算委員会は22日の理事会で、平成21年度第2次補正予算案審議について、25日に採決することで合意した。衆院議院運営委員会も理事会を開き、同日夕方の本会議開催を決めた。与党は補正予算案と関連2法案をこの本会議に緊急上程して採決、同日中の衆院通過を目指す。

 一方の自民党は予算委理事会で、政治資金問題に関する集中審議の開催を、25日午前の理事会で与党が確約するよう求めた。また、谷垣禎一総裁ら幹部が国会内で協議し、補正予算案に反対することを決めた。

【関連記事】
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相陳謝
2次補正の経済効果「GDP0・3%押し上げ」 菅財務相
“小沢ショック”で急反落 東京株終値127円安
「2次補正、執行急務」菅財務相が審議への協力要請

<入管法違反容疑>中国人不法就労 老舗旅館社長を書類送検(毎日新聞)
普天間移設、地元拒否なら法的決着も(読売新聞)
<敬老乗車証>仙台市、見直しへ 「団塊の世代」の交付を見込み(毎日新聞)
「幹事長として頑張れ」「国民へ説明を」=小沢氏聴取控え閣僚から発言(時事通信)
日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常−沖縄(時事通信)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-28 07:23

田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取−大阪高裁(時事通信)

 預かり金名目で福岡市の金融業の男性から9000万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、一審で懲役3年の実刑判決を受けた元特捜検事の元弁護士田中森一被告(66)=別の詐欺罪で服役中=について、大阪高裁は22日、一審判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
 湯川哲嗣裁判長は「すご腕の弁護士としての信頼に乗じた犯行であり、巧妙で悪質」と指摘。被告側は「成功報酬の担保として預かった」と主張したが、「被告の証言は信用できない」などとして退けた。 

【関連ニュース】
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目-2億4000万詐取容疑・警視庁
近ツー元社員を取り調べ=旅行積み立て7億円詐取容疑
サイト利用料を架空請求=未遂容疑で15人逮捕
元女性職員に逆転無罪=証言の信用性否定
スキージャンプ台受注を偽装=社長ら逮捕、1億8000万円詐取か

シムドライブEV、先行開発車事業…岡山県・鳥取県の狙い(レスポンス)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
警察署HPに補導少年49人の実名を誤掲載(読売新聞)
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)
公有地に神社は「違憲」 北海道砂川市の政教分離訴訟、最高裁大法廷(産経新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-26 12:11

【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)

 ◇…受験シーズンを迎え、福井県小浜市の全国でただ一人の漆だるま職人、柄本忠彦さん(62)が名物の「合格ダルマ」作りに追われている。

 ◇…約20年前に依頼されて作ったのが始まり。台形や三角錐(さんかくすい)のだるまは「絶対に転ばない」と受験生の親たちに人気で、今では毎年約500個を完売する。

 ◇…「だるまのようにしっかり前を見据え、転ばないように頑張って」と柄本さん。力強い目やまゆを描き入れながら、受験生の合格を願う。

民家焼け跡から女性遺体=胸、背中に刺し傷−宮城(時事通信)
まもなく引退!「500系のぞみ」ラストラン・ツアー登場(産経新聞)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
看護基礎教育改革の推進を文科相に要望―日看協(医療介護CBニュース)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-25 14:41

「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん(産経新聞)

【足利再審 テープ再生(2)】

 《すすり泣きを続ける菅家さん。検事の追及は厳しく、そして、「足利事件」にも言及が及ぶ》

森川検事「(長谷部)有美ちゃんの事件(別の女児殺害事件)は違うと言うんでしょう。最初に捕まったときの(松田)真美ちゃんの事件(足利事件)はその通りなの?」

菅家さん「…」

森川検事「間違いない?それは」

菅家さん「…」

森川検事「あのね。ずるい気持ちを起こさないでほしい」

菅家さん「はい」

森川検事「僕は、君からどんな返事を聞かれようが、驚くつもりはないし、別に怒るつもりもないし」

菅家さん「はい」

森川検事「真美ちゃん事件はどうなの? 有美ちゃん事件は違うの?」

菅家さん「…」

森川検事「本当のことを知りたいと思っているわけだよ。君からどんな答えが出てこようが、怒るつもりはまったくないし、驚きもしないよ。有美ちゃんの事件は違う? 君はやってないの? やったのか、やってないのか。有美ちゃんのほう」

菅家さん「…」

森川検事「本当のことを知りたいと言ってるだけで、今まで話した通りに話をしろと言ってるわけじゃない。今まで話したことが正しいのであれば、その通り話してもらえればいいし。今まで話したことが事実と違っていると言うなら違うと言ってくれて構わないんだし」

菅家さん「はい」

森川検事「有美ちゃんの事件は、君がやったの?やってないの? 本当のところはどうなの」

菅家さん「やってません」

森川検事「で、もう1回聞くけど、真美ちゃんの事件はやったの?」

菅家さん「…」

森川検事「そしたらね、有美ちゃんの事件ね。やってないのに、やったと警察で話したのはなぜなんだろう」

 《ここまでテープが再生されたとき、突如、菅家さんは手を挙げて体調がすぐれないと申し出た。菅家さんは足早に退廷し、別室で休憩。約20分後に再開された》

 《取り調べは引き続き検事の執拗(しつよう)な追及が続いている》

菅家さん「すみません」

森川検事「うん」

菅家さん「ごめんなさい」

森川検事「どうしたんだ」

菅家さん「…」

森川検事「本当はやったのか君? うん、うん」

菅家さん「うー」

森川検事「本当は君がやったのか? 有美ちゃんの事件も」

菅家さん「(泣き声)」

森川検事「やっぱりそう。有美ちゃんの事件やったの? そうだね」

菅家さん「(泣き声)」

 《検事の問いに、すすり泣きの中、はっきりとした言葉では答えられず、沈黙する菅家さん。森川検事は諭すような口調で質問を続ける》

森川検事「なんか君を違うことを言うようにし向けたのかもしれないしね。僕の言葉に乗っちゃったのかもしれないからさ。あえてうそをつかしたんだったら、僕のほうが悪いんだけども。僕にも悪いところがあるんだけども」

菅家さん「…」

森川検事「なに、さっきの僕の言葉で助かるんじゃないかという気持ちがあったわけ? 違うの?」

菅家さん「…」

森川検事「思いだすのも嫌だった?」

菅家さん「はあー」

森川検事「罪が重くなると、助かるもんなら助かりたいという気持ちになったのかな? いや、なってもいいんだよ。それは誰だって、そういう気持ちになるし。そういうことなら、それとも別の理由があったのかな? どっちなの?」

菅家さん「口べたで、よく分からないんですけど」

森川検事「じゃあ、逆に聞くけども、いったんね、自分がやってないというふうに話したのにね、さっきだよ、なんでまたごめんなさいなんて言ったのさ。認める気になったの?」

菅家さん「…」

森川検事「僕はね、そんときは間違いじゃないかとかね。認めないとかいう言い方は全然してなくて。警察が怖かったとか、そんな話をね、なんか聞いたつもりなんだけど。なんで、さっきまた認めようって気になったの?」

菅家さん「警察のほうでですね、その通りだと話してて」

森川検事「やっぱりうそつけない?」

菅家さん「はい」

 《菅家さんはいったんは有美ちゃん事件を否認しながら、検事の取り調べに「自白」する。話はもう1つの女児殺害事件である福島万弥ちゃん事件へと入っていく》

森川検事「もう1つ聞くけどね、万弥ちゃん事件ね」

菅家さん「はい」

森川検事「神社の所で誘って、墓地に連れて行ったというやつ」

菅家さん「はい」

森川検事「あれも間違いない?」

菅家さん「ん、自分ではそう話しましたけど」

森川検事「ん。話しましたけどって何?」

菅家さん「…」

森川検事「ん、うなずいているのは間違いないの?」

菅家さん「はいそうです」

森川検事「違うと言ってもらえばいいわけだし、ねえ、事実のとおりだったらそのとおりだといえばいいし、ねえ、ただ僕も正直な、本当のことを知りたい」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「本当のことを、ねえ」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「この万弥ちゃんの話、もう1回聞こうか、ねえ」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「返事がないわけか、どうした」

菅家さん「自分です」

森川検事「やった?」

菅家さん「はい」

森川検事「そういう風に勇気がいるのか」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「君の口からはすぐには返事が出てこない」

菅家さん「はい」

森川検事「僕も君から調書を取って、そのとおりですと、すぐに答えが返ってもいいように思うけどね。そうですと、今答えるのにだいぶ間があるわけ」

菅家さん「…」

森川検事「やっぱり迷うね。勇気がいるかな。こうやって話すの。どうだい」

菅家さん「はい」

森川検事「そうなんだね」

菅家さん「ええ」

 《検事の取り調べに沈黙を重ねる菅家さんも、万弥ちゃん事件についても、ついに「自白」する。検事は警察での取り調べの様子に話題を変える》

森川検事「警察の取調官の印象は」

菅家さん「好きですね」

森川検事「好き? 遠慮したくていいよ」

菅家さん「遠慮じゃなくて。自分の気持ちを分かってくれるような感じなんですよね」

森川検事「真美ちゃんの事件もそうだし、万弥ちゃんの事件もそうなんだけど、警察の調べ方は何回も聞いているよね。押しつけてくるような言い方はされなかったの」

菅家さん「なかったと思います。『やったんだろ』『わかってる』とかは言われましたけれど」

森川検事「脱線しちゃったけど、『やってません』というときの気持ちと『やった』というときの気持ちは違うでしょ」

菅家さん「はい」

森川検事「ね。やってないと話したときは、どっかにわだかまりがない」

菅家さん「はい」

森川検事「やっぱあるか。あのね、有美ちゃん事件でもう1回聞くけど、警察で最初に(有美ちゃん事件について)話したのは12月20日でしょ。自分で何か書いた?」

菅家さん「自分では地図を書いたような気もします」

森川検事「最初に声をかけてから、最後はこの場面?」

菅家さん「山の」

森川検事「あの地図は記憶のまま書いたの?」

菅家さん「はい」

森川検事「記憶ないまま当てずっぽうで書いたのもあるだろう」

菅家さん「あてずっぽうはないと思います」

森川検事「じゃあ、有美ちゃん事件で警察を現場に案内したよね。あれがいつか覚えてる? 覚えてないか」

菅家さん「20日ごろですか」

森川検事「そうするとね、現場を案内する前に有美ちゃん事件に関して地図とか写真見せられた? 警察に例えばここから死体があったんだとか、パチンコ屋とか。写真でもいいし、地図でもいいし」

菅家さん「見せられたことはないです」

森川検事「地図書いたり図面書いたりして説明してるでしょ。あれは見せられないで書いたわけ?」

菅家さん「はい」

森川検事「穴を掘って埋めたと言ったよね。警察から聞いたの?」

菅家さん「いえ」

森川検事「深さや大きさも説明したでしょ。警察から説明受けてないの?」

菅家さん「受けてません」

森川検事「記憶だけで?」

菅家さん「はい」

 《検事は菅家さんが警察の取り調べで説明した現場の状況などを、記憶に基づいた説明かを問いただしていく。菅家さんは有美ちゃんの着衣や真美ちゃんの着衣についても、記憶のみで説明したと話す》

森川検事「じゃあね、本当は自分がやっていないのに、やったように説明したことはない? 警察に怒られそうな気がして言っちゃったとか。理由は何でもいいんだけど。ない?」

菅家さん「はい」

森川検事「ふーん。君のいないところで調書を書かれたことはあるかい」

菅家さん「ないです」

森川検事「君が認めた、話したことが文書になってると考えていいのかな」

菅家さん「そう思います」

 《検事は、警察での自白や供述調書が、菅家さんの任意によることを確認した》

【関連記事】
「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境 
足利再審、生々しい取り調べの再現 菅家さん気分悪くなり休廷
取り調べテープ再生 菅家さん気分悪くなり休廷 足利再審
足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う 
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える

外国人参政権、議員立法が適切=千葉法相(時事通信)
本当に“派遣村”だった? 存在意義めぐり議論(産経新聞)
直木賞に佐々木譲氏、父子受賞の白石一文氏(読売新聞)
盗撮容疑で警察官を逮捕=駅のエスカレーターで−大阪府警(時事通信)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-23 21:00

大手出版社100億円超の赤字? 人気漫画家が内情を暴露 (J-CASTニュース)

 70誌のうち60誌以上が赤字――。人気漫画家の佐藤秀峰さんが、自らのブログで、こんな「大手出版社」の苦境を明らかにした。2010年は100億円以上の赤字を出すうわさがあるというのだ。どの出版社のことなのか…。

 「ブラックジャックによろしく」で知られる佐藤秀峰さんは、ネット上で漫画販売を始めている。この試みについて、自らのブログで2010年1月13日、読者からの賛否両論はあると明かした。しかし、「紙媒体はもうダメだ」という認識では一致していたというのだ。

■出版社「どこの社だかは分かりません」

 そのうえで、佐藤さんは、ダメな例として、ある大手出版社を取り上げた。2009年に数十億円の赤字を出したこの出版社は、佐藤さんによると、なんと約70誌中60誌以上が赤字。メジャーな雑誌ですら、年間10〜15億円の赤字を出しているという。

 そして、出版業界では、2010年に100億円以上の赤字を出すといううわさが流れていると書き込んでいる。

 この出版社は、書籍の売り上げトップ10をすべて漫画の単行本が占めており、漫画が大きな収入源という。ところが、トップ10のうち3つが2010年に連載を終え、それに替わるヒット作もないとして、暗い未来を暗示している。

 この出版社名は、ブログには書かれていない。どこなのか。

 内容からすると、09年にそれぞれ63億円、76億円の赤字が分かった小学館、講談社が挙げられる。

 そこで小学館に取材すると、広報室では、「どこの社だかは分かりません」と言う。2010年2月期まで1年間の業績は、5月末の株主総会で発表するというが、現時点では何とも言えないとする。雑誌は約60あるが、個別の収支状況は発表していないという。トップ10すべてが漫画ということはないともしている。

 佐藤さんは、同社の「ビッグコミックスピリッツ」に連載している。これに対し、広報室では、「ブログは、極めて個人的なもので、公に公刊されたものではありませんので、お答えしないことにしています。ご自分の思いをそれぞれお書きになることについて、いちいち見解を説明する必要はないと思っています」としている。

■見切り付け、ネット上でビジネス

 一方、講談社の広報室に取材しても、この大手出版社について「どこだか分かりません」と答えた。業績については、2009年11月期までの1年分を2010年2月23日ごろに記者発表するが、この決算報告の内容はまだ把握していないという。

 雑誌は48あるが、損益は発表していない。また、書籍トップ10に漫画を入れて計算はしていないとしている。

 ただ、新文化通信社の09年11月12日付記事によると、講談社の場合、雑誌不振による売り上げ1割減などで、前期を超える赤字が出ていると同社常務が報告している。佐藤さんのブログの内容がどこまで本当かは定かでないが、出版不況はどこも同じで、一層厳しくなっているようだ。

 漫画家の佐藤秀峰さんがネット上でビジネスを始めたのは、こうした紙媒体の限界を考えてのことだという。ブログによると、ネット販売は安定しており、1日平均1万円以上を売り上げている。そして、出版社が取り次がないような広告イラストやインタビューの仕事が入っているという。

 出版社側が電子書籍の協会を作り、作品のデジタル化販売ができるように打開策を練っていることについては、著作者のことを考えていないと批判。著作者側は、出版社から手数料を取られないように、アマゾンなどと直接契約することができると主張している。

 佐藤さんの「ビジネス」については、ネット上で漫画家のあり方としての批判もある。とはいえ、週刊誌を経てネットメディアでも活躍している編集者の元木昌彦さんは、こうした声も聞きながら、出版社が生まれ変わるべきと指摘する。

  「出版社の考え方は後ろ向きで、自分たちの利益のことを考えています。これでは、著作者も反発するはずです。著作者の権利や利益を守るように一緒にやっていかないと、時代に取り残されることになりますね。もともと、電話1本で作者と企画を立て、面白いことで一発当ててやろうというのが出版社でした。それが、社員1000人も抱える大企業になってしまって、安定を求める人ばかりになっています。耳目を集めるコンセプトを持った新しい雑誌も、出てこなくなりました。やはり出版社は、面白いものを作らないとダメですね。紙媒体だって、ネットと協力して今までにない雑誌を作るとか、やり方次第で可能性は十分あると思いますよ」


■関連記事
「ブラックジャック」佐藤秀峰さん 自身のサイトで漫画有料配信 : 2009/09/15
「ブラックジャック」漫画家の「貧乏」月収なんと70万円しかない? : 2009/04/06
「ブラックジャックによろしく」 「スピリッツ」移籍の真相 : 2007/01/10
小沢疑惑を「国民は理解」? 選挙結果が意味するもの : 2010/01/14
テープの切り口が直線に 「ギザギザ」の歴史に幕 : 2010/01/12

絵筆が癒やす伴侶の死 震災乗り越え、脳性まひの女性が個展(産経新聞)
火災 東京の西新橋で13棟が燃える(毎日新聞)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
Tシャツとキーケースも発見=ATMの男、月内にも立件へ−千葉県警(時事通信)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-23 03:51

自衛隊、21日にハイチへ出発(時事通信)

 防衛省は20日、ハイチ大地震の被災者支援のため、陸上自衛隊の医官ら約100人から成る国際緊急医療援助隊を派遣することを決めた。21日夜に日本を出発し、同国のレオガンに到着後、既に現地入りしている日本の国際緊急援助隊医療チームの活動を引き継ぐ。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチ地震で救援物資を無償輸送=日本貨物航空
第一三共、ハイチ地震で義援金950万円
サントリーHD、ハイチ地震で義援金1000万円
医療支援、長期関与が必要=自衛隊の協力求める

<公明党>予算案に早々と賛成表明 野党共闘に影響か(毎日新聞)
「戦ってください」密談バラした首相の真意(産経新聞)
<自民党>夏の参院選の公認候補7人を発表 青木幹雄氏も(毎日新聞)
<訃報>佐古一さん94歳=元大成建設社長(毎日新聞)
店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-22 06:33

市長選に関係なく現行案反対=社民幹事長(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場の問題が争点となっている24日投開票の沖縄県名護市長選について「(結果によって)追い風になるか逆風になるかはあっても、目指すべき方向は変わらない」と述べ、選挙結果に関係なくキャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古)に移設する現行計画に反対していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
下地島移設反対を可決=「普天間」で意見書
首相と自民総裁が直接対決=21日から衆院予算委
同盟協議、来月初旬に実質開始へ=与党幹部とも意見交換
代表質問の詳報=衆院本会議
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念?

<石川議員逮捕>「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
贈賄申し込み容疑で業者逮捕=山梨・上野原市長に−警察当局(時事通信)
「闘って」首相改めて釈明…参院代表質問(読売新聞)
<湯島天神>「志望校合格」など絵馬 約4万枚が奉納(毎日新聞)
夫婦別姓制度を導入=非嫡出子の相続差別撤廃−民法改正案(時事通信)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-21 13:32

杉本前財務次官は東大教授に(時事通信)

 財務省の杉本和行前事務次官(59)が、1日付で東大教授に就任したことが14日分かった。公共政策大学院に所属し、経済財政政策の事例について4月から週2こま程度講義する予定。
 杉本氏は2008年7月から約1年間、事務次官を務め、過去最大の経済対策を盛り込んだ補正予算の編成に当たった。前任の津田広喜氏も昨年秋に早大教授に就任しており、2代続けての大学教授への転身となる。 

【関連ニュース】
「密約」取りまとめ延期=外相経験者から聞き取りも
外交文書は原則公開に=第三者審査を検討
「密約」調査報告書、公表遅れも=外相
核搭載艦、母港化認める=ミッドウェー配備時に「密約」
歴史共同研究を継続へ=日中、南京事件など隔たり

皇太子ご夫妻、震災遺族と懇談(時事通信)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
<水俣病未認定患者>国も和解協議へ 環境相(毎日新聞)
大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち(毎日新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-01-20 20:08