こんなシステムエンジニアは嫌だ!

<ジョン・レノン>ミュージアム閉館へ 契約満了 さいたま(毎日新聞)

 元ビートルズのジョン・レノンの遺品を展示している「ジョン・レノン・ミュージアム」(さいたま市中央区)が9月30日で閉館する。運営する「ミュージアム・タイセイ」(さいたま市)の親会社・大成建設(東京都)が4日発表した。妻のオノ・ヨーコさんと結んでいる10年間のライセンス契約が満了するのに伴う決定という。

 ミュージアムはレノンさんの生誕60周年の00年10月9日、埼玉県が所有する大型多目的施設「さいたまスーパーアリーナ」内にオープン。オノさんが公認した唯一の博物館で、愛用のギターや子供時代の写真など、オノさん秘蔵の遺品約130点と映像などで40年の生涯を紹介している。

 閉館にあたり、オノさんは「あなたがた一人ひとりの中にジョンのスピリットが受け継がれ、そのみなさんのスピリットが世界の平和が実現していくための愛の力になることを信じています。みなさん、ありがとう!」とコメントを発表した。

 埼玉県には昨年、今秋での閉館が非公式に伝えられていた。【稲田佳代】

【関連ニュース】
ジョン・レノン・ミュージアム:来秋の閉館を検討
ジョン・レノン:さいたま市のミュージアム、9月で閉館 オノさんは「次の旅に出発する」と
長野・軽井沢町別荘地(戦中編)=御厨貴
特集ワイド:’09夏・総選挙 昭和の町に吹く風は 長野・軽井沢
ジョン・レノン・ミュージアム:市民ら存続求め署名活動始める /埼玉

首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず(産経新聞)
未成年者の喫煙事情 甘い社会的規制を危ぶむ声も (産経新聞)
日中歴史共同研究 教科書に影響も 「盧溝橋事件」「南京事件」歩み寄り(産経新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず−法制審部会(時事通信)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-02-07 03:16
<< <里山問題>週内に宅地開発会社... 津市長に松田氏が再選(時事通信) >>