こんなシステムエンジニアは嫌だ!

3歳虐待死、父親に懲役6年=裁判員「親なのでショック」−那覇地裁(時事通信)

 長男=当時(3)=の頭部を素手で殴って死なせたとして、傷害致死罪に問われた土木作業員洲鎌初被告(29)の裁判員裁判で、那覇地裁(吉井広幸裁判長)は28日、「動機は短絡的で身勝手」などとして懲役6年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。
 判決後、裁判員を務めた4人が記者会見に応じ、30代女性は事件について「(自分も)親なので正直ショックだった」と感想を述べた。法廷内で遺体の写真を見せられたことについて、20代女性は「本来見たくはないが、事件と向き合うために必要」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる

最新の脳科学研究をテーマにワークショップ―文科省(医療介護CBニュース)
「市民の共感得られた」=基地受け入れ反対の稲嶺陣営−名護市長選挙(時事通信)
<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
<子育て支援策>「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増(毎日新聞)
阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に−京都(時事通信)
[PR]
by 4c9gcaxwq6 | 2010-02-03 12:08
<< 財布の残金は数千円=木嶋容疑者... 妻を刺殺された夫、有力情報に懸... >>